竜ヶ浜キャンプ場からのお知らせ

2019.08.28

竜ヶ浜植物日記31 オニヤブマオ


オニヤブマオ  イラクサ科

北海道から九州までの海岸や川岸に分布し、地下茎から多くの茎が直立してくさむら状になります。対生する葉は青じそのような形ですが長さ15cmほどになり、裏面は短い毛に被われてビロード状になります。8~10月頃上の方の葉脇から1本ずつ穂状の花が上向きに出ます。古くから繊維をとるために栽培され、今では雑草として嫌われているたカラムシ(苧麻)の仲間で、カラムシとよく似ていますが葉が大きく、葉の縁の鋸歯がよくそろっていて、花穂が直立するのが特徴です。

<< 1 >> ページ中ページ目
これからイベントもいっぱいやりまーす!!

カレンダー

<<2019年08月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031