竜ヶ浜キャンプ場からのお知らせ

2019.08.14

竜ヶ浜植物日記28 ハマカンゾウ


ハマカンゾウ  ツルボラン科

海岸や海岸近くの乾燥地に生え、8~10月頃にオレンジ色のユリのような花を咲かせます。花はユリと異なり上を向いて咲き、黄色から赤色まで、色の濃さにはバリエーションがあります。葉は長さ60~70cm、幅1~2cmの分厚いススキのような葉で、近縁のノカンゾウと異なり冬でも枯れずに残ります。

大月町では食用にする話を聞きませんが、若葉はおひたしで、ツボミは中華料理で「黄花菜」といって乾物にしてスープの具にするということです。夏の季語で使われる「忘れ草」はハマカンゾウやノカンゾウ、ヤブカンゾウなどの総称です。

<< 1 >> ページ中ページ目
これからイベントもいっぱいやりまーす!!

カレンダー

<<2019年08月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031