竜ヶ浜キャンプ場からのお知らせ

2013.05.02

大月町の お月さん 〇


ヨリです(>_<)=3
昨日は休みだったのですが、アキさんからメールで知らされました!!
それで今朝、急いでサイト間へ行ってみると…

【↑ ハマユウが何者かに荒らされとるわけです(>_<;】

 

 【↑ 無残に剥がされた茎(T_T) 】


【↑ こんなに深い穴も空いています(YoY)。枯れてしまわないか?とても心配です((@_@;】

根元の茎ばかりやられて、上部の葉の被害は少ないようです。
それでいて、幹にとても鋭利な穴が空いているので、イノシシか何かでしょうか?
足跡は確認できませんでしたが、とにかく野生動物の仕業のようです。

うぅぅ~どうにも複雑な気持ちになってしまいます。
というのはつまり、ぼくは、植物同様、野生動物というやつもまた、
こよなく愛しておるからです(^_^;

みなさんは、野生動物のまなざしを感じたことがありますか?
つまりは目が合ったことがあるでしょうか?

鹿、狸、狐……

彼らは人間とは違って、笑うことはしませんが、
その代わり作り笑いもしなければ、嫌らしい含み笑いもしないのです。
だからといって、"無表情"というわけでは決してないとぼくは思います。
彼らの、まるで何かを悟りきったような静かなまなざしの中に、
か弱き人間に対する、哀れみとも慈愛とも付かぬものをぼくは感じるのです。

そうして人間たちの環境破壊に対して文句の一つも言わず、
自然の中でたくましく生きる彼らを、尊重し、敬愛しておるわけであります('3')。


ハマユウの残骸を拾いながら、
(そうはいっても、こんなことが続くようなら、何か対策を考えねばならぬなあ……)
などと何ともいえぬ心持ちで、ふと見上げると、空には下弦の月が……

 

朝からこんなにキレイに見えてたのですね(ToT)☆
ハマユウの心配ばかりして、ぜんぜん気づきませんでしたわ。
うーむ(._.) 下ばかり見ていてはいけないということですな。

大月町のおー月さま、どうかハマユウたちを、あたたかく見守ってやってください!!

<< 1 >> ページ中ページ目
これからイベントもいっぱいやりまーす!!

カレンダー

<<2013年05月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031